過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシ

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシ

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということで値段がつかないこともあります。

本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、ケースバイケースとしか言いようがありません。 続きを読む

とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容

とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容

とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、自動車に関連したことだけではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。サインと捺印をすれば、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。 続きを読む

個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定だ

個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定だ

個人売買だとトラブルが起こる可能性も多くありますが、車査定だとトラブルの心配はありません。

個人間で売買をする場合には、車を渡したのに、代金を払ってもらえなかったり、代金を支払ったけれども車の納品がされないといったリスクがあります。 続きを読む